トップページ | サンフランシスコ・1日目つづき »

2005年8月15日 (月)

サンフランシスコ・1日目

今年の夏休みは、ちょっと用事ができてサンフランシスコで過ごすことになった。全日空のNH8便で、サンフランシスコ空港に到着したのは朝の10:30頃かな。日本を出るときは真夏だったのに、サンフランシスコは寒いくらい。迎えに来てくれたJTBのスタッフが「今日はとても寒いです」といって、薄手のマフラーをしていた。気温は、大体20度前後だった。

日本の蒸し暑さに夜も眠れず、涼しいところに行きたいな~と思っていたら、念願が叶った。

サンフランシスコというと輝く太陽を思い描いていたが、すっごく涼しい~。ひんやりした空気!

午前中は、サンフランシスコの市内観光。今日のフライトは、思ったより短く感じた。よく寝れたし快適だったが、機内で熟睡というわけではないので、なんとなく眠い。機内食も美味しかったなあ。

SANY1151

さて、観光だが、JTBのベテランガイドさんが、いろんな話を交えてサンフランシスコの街を案内してくれた。ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズ・ワーフ、フェリープラザ・マーケット、チャイナタウン、ユニオンスクエア、ツインピークスを4時間くらいで周遊。

サン・フランシスコのイメージはさんさん輝く太陽という人が多いが、ガイドさんによると、実は夏も冬もなく、一年中、春か秋のような気候らしい。実際、初日も4月の初旬のような気温。旅中も、太陽が照りつけるということはめったになく、霧がかかって曇りがちな日がほとんどだったので、とても涼しく過ごせた。カナダやアラスカから冷たい海流が来て、霧が毎日のように発生するそうだ。海水温はとても低く、サンフランシスコでは海水浴はしないそう。ロサンジェルスやサンノゼまで南下して海水浴するそう。

ゴールデンゲート・ブリッジは、1937年に開通したということで、年代を考えると、技術的にも、強度でも素晴らしい橋で、対戦前から完成していたという事実には、アメリカの底力を感じた。橋の上段はサンフランシスコへ入る片側6車線、下段は、ナパバレーやソノマなどのカリフォルニアワイン園に向かう片側6車線となっている。上段を走ってサン・フランシスコへ入る道は、眺めもよく爽快だ。時間帯によっては、1台に3人以上乗車すると通行料が無料になる制度もあるそうだ。

次は、新しいショッピング、レストランスポットとなっているフェリープラザ・マーケットを訪れた。ここにあるスランテッド・ドアというベトナム料理店は美味しいそうだが、予約したほうがよいそうだ。フェリープラザ・マーケットはきれいな店が多いが、物価が高いなあ・・と思った。後でわかったことだが、サンフランシスコはニューヨークに次いで物価が高いのだそうだ。お昼用に、フェリープラザ・マーケットのお店でマスタード・チキンのサンドイッチを買った。6ドルするが、大きさは2人前だった。

SANY1149

|

トップページ | サンフランシスコ・1日目つづき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107013/5588308

この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコ・1日目:

トップページ | サンフランシスコ・1日目つづき »